生活習慣病

ローヤルゼリーに副作用はある?

よくこんな質問を見かけます。
「ローヤルゼリーって副作用はあるの?」というものです。
もちろんローヤルゼリーに副作用はありません。

そう言い切れるのには理由があり、そもそも副作用という言葉は薬に対して使う言葉なのです。
つまり薬では無いローヤルゼリーには一切の副作用は無いということになります。
言い換えるならば「ローヤルゼリーには身体に変化を与えることってあるの?」となります。

意味は同じかもしれませんが、薬で無い以上、このような言い回しをする必要があります。
この質問に対しての答えは「YES」とも「NO」とも考えられます。
身体に良いという反面ローヤルゼリーを摂取しない方が良い場合もあるのです。
その理由は、ローヤルゼリーは天然の花粉や蜜などで作られているために、花粉にアレルギーを持つ方は、それがアレルゲンとなり身体に変化を与えてしまうことになります。

また喘息やアトピーといった持病を抱えている方は身体が過剰反応を起こしてしまうことがあるために、何かしらのアレルギー反応が起こることも考えられます。
特にアレルギー持っていなく、持病も無ければ安心安全にローヤルゼリーを摂取することが出来ますが、過剰摂取によって下痢を引き起こしてしまうこともあるようです。
これはローヤルゼリーに含まれる栄養素体内に吸収出来る量に限界があり、その限界以上の摂取をしてしまうと、身体は不要物と判断し、体外へ排出しようとするからです。
しかしこれは決められた摂取量をきちんと守っていれば避けることが出来ます。
他にはhttp://ln268.com/にも書いてあるとおり、妊娠中の方は体がデリケートな状態になっているので、飲むのを控えた方がいいようです。

ローヤルゼリーの過剰摂取でその効果が高まると勘違いしている方も多いですが、それは間違えであり、せっかくの栄養素を無駄にしてしまうことになるのです。
このようにローヤルゼリーは用量を守って摂取すれば、身体に変化が現れることはほぼありません。
この「ほぼ」というのは理由があり、空腹時に摂取をしてしまうと少々胃が重くなることが報告されているからです。
それでも健康を害することはありませんのでどうぞご安心ください。

このページの先頭へ